2018年にパブリックドメインへと入る作家たち
188

カテゴリー:青空文庫 | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2017年10月1日 |

表には出していないのですが、実は例年、ボランティア作業のために、年末が近付くと翌年にパブリックドメインする作家たちのリストを簡易的に作っておりました。年々、情報は共有しなくちゃと思いつつ、なかなかできていなかったのですが、今回はあえてオープンにしようと思います。

2018年の年始からパブリックドメイン入りする作家のリストは、以下の通り。

(more…)


英訳:新美南吉「手袋を買いに」
184

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2017年7月30日 |

Buying Mittens

Written by NIIMI Nankichi
Retold by OKUBO Yu

(more…)


ぼくら ふたり(A・A・ミルン作/大久保ゆう訳)
181

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2017年5月23日 |

ぼくら ふたり(A・A・ミルン作)

“Us Two” by A. A. Milne

(more…)


Beatrix Potterの誕生日に、動物絵本
168

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2016年7月28日 |

ちょびひげサミュエルのはなし まきまきパンのまき
THE TALE OF SAMUEL WHISKERS OR, THE ROLY-POLY PUDDING
ベアトリクス・ポッター Beatrix Potter
大久保ゆう やく

The_Roly-Poly_Pudding_first_edition_cover

しいたげられ(ながらも) 手におえない
この生きものでも ひときわ かしこげな
赤い目が めだつ かわいい ちっちゃな
お友だちで たくみな ぬすっとでもある
〈サミー〉を しのんで

pic08
(more…)


『するりと鏡を――ぬけてみて、アリスに見えたもの』巻頭詩
160

カテゴリー: | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2016年2月1日 |

『するりと鏡を――ぬけてみて、アリスに見えたもの』

Through the Looking-Glass, and What Alice Found There

(more…)


英訳:芥川龍之介「後世」
155

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2015年12月24日 |

Afterlife

Written by AKUTAGAWA Ryunosuke
Translated by OKUBO Yu

I do not expect a friend a hundred years later.

Public taste often fails in all fairness, let alone in today’s aesthetic. History has told us that even the Athenian in the Periclean Age or the Florentine in Renaissance were quite far from being the ideal audience. As people in the past and the present have indicated, the future generations will still be the same; unfortunately, I have no doubt that the public after a hundred years would be unable to tell a grain of gold from mounds of sand.

Even if the public was to be ideal, absolute beauty is impossible in the world of art. Now my eye is just today’s eye, not tomorrow’s eye; my eye is a Japanese one, nor a Western one. Thus, why do I believe in the beautifulness beyond time and place? Although Dante’s inferno can make Eastern children frightened, a deep mist of six hundred years has lain between the medieval Italian fire and our present Japan.

Indeed, I am just an ordinary writer. Granted that future readers will have fair judgment and that beauty is universal, my works have never been selected as classics. It is beyond all question that I do not expect a friend a hundred years later.

Sometimes I imagine that people will not know me at all after twenty, fifty, or one hundred years; when a piece of my works will be waiting for readers in vain, fully covered in dust at the corner of a shelf in a used-book store; nay, perhaps when the only existing copy may be too worn and damaged to be readable at a closed stack of a library. But…

I think “but.”

But I wonder if someone has a chance to find one of my books and read a short story or at least some lines. Moreover, I have the smallest hope that a story or several lines may show an unknown future reader a touch of a beautiful vision.

I do not expect a friend a hundred years later; I know that my dream is in conflict with my understanding.

Yet, I still imagine that a reader shall take one of my works in their hand after one hundred years of solitude; hopefully, my imagery shall appear vaguely in their mind.

I understand that the wise will laugh me off as a fool; in fact, I am second to none in looking down upon myself. Sneering at my foolishness, I cannot help pitying my fanciful idea. Or I cannot but sympathize with the common weaknesses of all human beings.

(First published on July 27th, 1922)


■原典は、こちら。この作品に対する富田さんのコメントは、こちら

■今年のクリスマスには何を訳すべきかとあれこれ考えた末。もちろん故事古文に基づく文飾は再現しようもないが、多少の蜃気楼は浮かび上がるだろうか。

■これからも、何か未訳のものを英訳してもよいのかもしれない。


地底から不思議へ:ルイス・キャロルの加筆をたどる 第12回
144

カテゴリー: | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2015年4月7日 |

【第11回へ】

【凡例】
修正:草稿→修正▼
削除:削除→▼
加筆:▲→加筆▼


▲→12 アリスがわけを語る▼

(more…)


地底から不思議へ:ルイス・キャロルの加筆をたどる 第11回
143

カテゴリー: | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2015年4月6日 |

【第10回へ】

【凡例】
修正:草稿→修正▼
削除:削除→▼
加筆:▲→加筆▼


▲→11 だあれがタルトをぬすんだの▼

(more…)


地底から不思議へ:ルイス・キャロルの加筆をたどる 第10回
142

カテゴリー: | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2015年4月5日 |

【第9回へ】

【凡例】
修正:草稿→修正▼
削除:削除→▼
加筆:▲→加筆▼


▲→10 ロブスターのカドリール▼

(more…)


地底から不思議へ:ルイス・キャロルの加筆をたどる 第9回
138

カテゴリー: | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2015年3月12日 |

【第8回へ】

【凡例】
修正:草稿→修正▼
削除:削除→▼
加筆:▲→加筆▼


▲→9 ウミガメフーミのものがたり▼

(more…)


次ページへ »
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2017 aozorablog | powered by WordPress with Barecity