引き算レシピ11 かつおの皮
68

カテゴリー:青空文庫 | 投稿者:八巻 美恵 | 投稿日:2012年11月30日 |

ある初夏に友人が作る彼の母親直伝のかつおのたたきをごちそうになったことがある。かつおの刺身を大きな皿の真ん中に並べて、その上から、きうり、ねぎ、しょうが、にんにく、みょうが、しそ、などを細切りにした青い薬味を山ほどかけて、最後にしゃもじでその山を叩いて形を整えたら、摘みたての木の芽をのせる。それが彼の家の「たたき」の流儀だという。青くきれいな薬味の山の上からポン酢をかけて、食べる。青い味がかつおとなじんでさっぱりとおいしかった。
(more…)


青空文庫’12/09月-’12/10月の月間アクセス増分析
67

カテゴリー:電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2012年11月17日 |

10月度は、それと分かる原因でアクセス増率のランキング上位に入る作品が珍しく多いようです。リストができあがるまで、認識していませんでしたので、こんなことが分かるというのがちょっぴり楽しい気分です。アクセス増率のランキング分析は、断層写真の1枚の画像のようで、本当の傾向を知るには、断層写真を連続的に見る必要があるように、推移についてのなにかの技法が必要と思われます。出版業界や音楽業界には、そのような分析方法を駆使しておられる方たちがおられるでしょうか。
(more…)


ルイス・キャロル『アリスの地底めぐり』第4章(草稿)
66

カテゴリー: | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2012年11月6日 |

【みっつめへのリンク】

よっつめ

(more…)


引き算レシピ10 お茶
65

カテゴリー:青空文庫 | 投稿者:八巻 美恵 | 投稿日:2012年11月4日 |

小学校に入ったばかりの私を父が撮影した写真が何枚かある。そのなかの一枚に固定された私は茶の間のこたつに入り、自分専用の湯呑みでお茶を飲んでいる。祖母から母へと伝わったお茶好きをすんなりと受け継いでいるのだ。子供たちにも年に何度か、ふだんのものとは根本的に違うおいしさのお茶をいれてもらえることがあった。新茶だったのか、玉露だったのか、玉露の新茶だったこともありうる。

普通の人は茶を飲むものと心得ているが、あれは間違だ。舌頭《ぜっとう》へぽたりと載《の》せて、清いものが四方へ散れば咽喉《のど》へ下《くだ》るべき液はほとんどない。ただ馥郁《ふくいく》たる匂《におい》が食道から胃のなかへ沁《し》み渡るのみである。歯を用いるは卑《いや》しい。水はあまりに軽い。玉露《ぎょくろ》に至っては濃《こまや》かなる事、淡水《たんすい》の境《きょう》を脱して、顎《あご》を疲らすほどの硬《かた》さを知らず。結構な飲料である。眠られぬと訴うるものあらば、眠らぬも、茶を用いよと勧めたい。
「草枕」夏目漱石

(more…)


This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2017 aozorablog | powered by WordPress with Barecity