トップ ●インデックス ●作家別作品リスト ●図書カード

図書カード:No.480

作品名:玉藻の前
作品名読み:たまものまえ
著者名: 岡本 綺堂 

ファイルのダウンロードいますぐXHTML版で読む

作品データ

分類:NDC 913
作品について:烏帽子折りの少年千枝松の幼なじみ藻は、白面金毛九尾の狐に魅入られ、ついには時の関白忠通の寵愛を受け玉藻の前と名のるようになる。ここに、安倍晴明の子孫泰親が登場し、玉藻の前との戦いが始まる。一方、泰親の弟子となった千枝松は、仇である藻のことが忘れられない。魔物と知りつつ思い切れない悲しい男の物語でもある。「玉藻の前」は、謡曲や人形浄瑠璃の「殺生石」に登場する伝説上の人物。半七とはひと味違う岡本綺堂の伝奇小説。(小林繁雄)
wikipediaアイコン玉藻の前
文字遣い種別:新字新仮名
備考:本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログブクログでレビューを読む、書く。

作家データ

分類:著者
作家名:岡本 綺堂
作家名読み:おかもと きどう
ローマ字表記:Okamoto, Kido
生年:1872-11-15
没年:1939-03-01
人物について:劇作家、小説家。本名は敬二、別号に狂綺堂。イギリス公使館に勤めていた元徳川家御家人、敬之助の長男として、東京高輪に生まれる。幼くして歌舞伎に親しみ、父の影響を受けて英語も能くした。東京府立一中卒業後、1890(明治23)年に東京日日新聞に入社。以来、中央新聞社、絵入日報社などを経て、24年間を新聞記者として過ごす。この間、1896(明治29)年には処女戯曲「紫宸殿」を発表。岡鬼太郎と合作した「金鯱噂高浪(こがねのしゃちうわさのたかなみ)」は、1902(明治35)年に歌舞伎座で上演された。江戸から明治にかけて、歌舞伎の台本は劇場付きの台本作家によって書かれてきたが、明治半ばからは、坪内逍遥ら、演劇界革新の担い手に新作をあおいだ〈新歌舞伎〉が台頭する。二世市川左団次に書いた「維新前後」(1908年)、「修禅寺物語」(1911年)の成功によって、綺堂は新歌舞伎を代表する劇作家となった。1913(大正2)年以降は作家活動に専念し、生涯に196篇の戯曲を残す。コナン・ドイルのシャーロック・ホームズ物を原著でまとめて読んだのをきっかけに、江戸を舞台とした探偵小説の構想を得、1916(大正5)年からは「半七捕物帳」を書き始めた。
wikipediaアイコン岡本綺堂

底本データ

底本:修禅寺物語
出版社:光文社文庫、光文社
初版発行日:1992(平成4)年3月20日
入力に使用:1992(平成4)年3月20日初版1刷

工作員データ

入力:tatsuki
校正:小林繁雄

ファイルのダウンロード

ファイル種別 圧縮 ファイル名(リンク) 文字集合/符号化方式 サイズ 初登録日 最終更新日
rtxtアイコン テキストファイル(ルビあり) zip 480_ruby_6016.zip JIS X 0208/ShiftJIS 126882 2000-03-30 2012-01-24
ebkアイコン エキスパンドブックファイル なし 480.ebk JIS X 0208/ShiftJIS 737760 2000-03-30 2002-01-18
htmlアイコン XHTMLファイル なし 480_39601.html JIS X 0208/ShiftJIS 386689 2010-06-28 2012-01-24
ファイルのダウンロード方法・解凍方法

関連サイトデータ

サイト名:綺堂事物
URL:http://kidojibutsu.web.fc2.com/

●作家リスト:公開中  [あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] [他]
●作家リスト:全    [あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] [他]
トップ ●インデックス ●作家別作品リスト