トップ ●インデックス ●作家別作品リスト ●図書カード

図書カード:No.52948

作品名:夏の日の夢
作品名読み:なつのひのゆめ
原題:THE DREAM OF A SUMMER DAY
著者名: 小泉 八雲 

ファイルのダウンロードいますぐXHTML版で読む

作品データ

分類:NDC 933
作品について:『Out of the East(「東の国から」)』(1895 ・明治28年)に所収。もっとも好きだったという浦島伝説(小泉節子「思い出の記」)をモチーフにした作品。
 天草の碧い海と青い空の間を人力車は軽やかに走ってゆく。ハーンの魂もこの中に遊び出る。青い色は現世の色、白い色は高貴な色。浦島とは誰なのか。玉手箱の白い煙(霧)とは何なのか。白日夢の中にそれらの解釈の糸口を得る。長浜村(当時)の泉(現存する由)から「若返りの水」の昔話にも触れている。また、作者自身が幼い頃、母と過ごしたらしい幸福な日々も回顧される。
 訪れたかった長崎と滞在したベルヴュー・ホテル(南山手の居留地)は、酷暑で地獄であった。やっと脱出してたどり着いたのは、開港したばかりの洋式築港の三角港(みすみ、現・三角西港)であった。そこで休息したのが、大浦天主堂やグラバー邸・リンガー邸などを建設した小山秀(秀之進)の手になる、西洋式ホテルの「浦島屋」であった。そこには「乙姫様」もいた。このすずやかな姿の女主人は、経営者山下蹉一郎氏の芳夫人(東京出身)であったという(菊岡倶也「ハーンが描いた浦島屋の女主人・山下芳のこと」熊本アイルランド協会会報6号・1996年3月1日発行 [ウエブで閲覧可])。
 なお、注記にある、チェンバレン教授による、竜宮城の砂浜と波の挿絵(狩野派の絵師・小林永濯)のある英訳本「浦島」(全頁)もウエブで閲覧できる(たとえば、梅花女子大学図書館→ちりめん本の世界→日本昔噺。「浦島」の英訳本はないが他の言語では、国際日本文化研究センター→データベース→日文研所蔵→ちりめん本データーベース、など)。(林田清明)
文字遣い種別:新字新仮名
備考:

作家データ

分類:著者
作家名:小泉 八雲
作家名読み:こいずみ やくも
ローマ字表記:Koizumi, Yakumo
生年:1850-06-27
没年:1904-09-26
人物について:wikipediaアイコン小泉八雲

分類:翻訳者
作家名:林田 清明
作家名読み:はやしだ せいめい
ローマ字表記:Hayashida, Seimei

底本データ

工作員データ

入力:林田清明
校正:林田清明

ファイルのダウンロード

ファイル種別 圧縮 ファイル名(リンク) 文字集合/符号化方式 サイズ 初登録日 最終更新日
rtxtアイコン テキストファイル(ルビあり) zip http://www.geocities.jp/kaijyonouta/hearn/dream_summer.zip JIS X 0208/ShiftJIS 0 2011-03-14 2011-03-14
htmlアイコン XHTMLファイル なし http://www.geocities.jp/kaijyonouta/hearn/dream_summer.html JIS X 0208/ShiftJIS 0 2011-03-14 2011-03-14
ファイルのダウンロード方法・解凍方法

関連サイトデータ

サイト名:海城の詩
URL:http://www.geocities.jp/kaijyonouta/index.html

●作家リスト:公開中  [あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] [他]
●作家リスト:全    [あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] [他]
トップ ●インデックス ●作家別作品リスト