トップ ●インデックス ●作家別作品リスト ●図書カード

図書カード:No.1455

作品名:メデューサの首
作品名読み:メデューサのくび
著者名: 小酒井 不木 

ファイルのダウンロードいますぐXHTML版で読む

作品データ

分類:NDC 913
作品について:「大衆文芸」1926(大正15)年9月号に掲載された小品。「T医科大学の四年級の夏休みに、わたしは卒業試験のため友人の町田(まちだ)と二人で伊豆山(いずさん)のS旅館に出かけ」た。その湯船で女性と墨絵を描きあって戯れるが、それを見た紳士が忠告として話し出した話とは、体に描かれたメデューサの絵に取り殺される女性の話だった。 ――小酒井の作品の中では探偵小説ではなく、怪奇小説とも呼ぶべき作品。(大野晋)
文字遣い種別:新字新仮名
備考:この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)

作家データ

分類:著者
作家名:小酒井 不木
作家名読み:こさかい ふぼく
ローマ字表記:Kosakai, Fuboku
生年:1890-10-08
没年:1929-04-01
人物について:本名は小酒井光次(こさかいみつじ)。医学博士。東北帝国大学教授。生理学の分野では当時世界的な権威だったという。1921(大正10)年から雑誌「新青年」に探偵、犯罪を主題にした小説、論文を発表。翌年、病気のために退職。1924(大正13)年から探偵小説家として本格的に活動した。小酒井不木については「奈落の井戸」(もぐらもち氏作成)が詳しい。筆名の読みは、「こさかいふぼく」、「こざかいふぼく」の二通りが流布しているが、もぐらもち氏は検証の結果、「こさかいふぼく」が妥当との結論を導き出している。
wikipediaアイコン小酒井不木

底本データ

底本:大雷雨夜の殺人 他8編
出版社:春陽文庫、春陽堂書店
初版発行日:1995(平成7)年2月25日

工作員データ

入力:大野晋
校正:しず

ファイルのダウンロード

ファイル種別 圧縮 ファイル名(リンク) 文字集合/符号化方式 サイズ 初登録日 最終更新日
rtxtアイコン テキストファイル(ルビあり) zip 1455_ruby_20743.zip JIS X 0208/ShiftJIS 11407 2000-11-28 2005-12-12
ebkアイコン エキスパンドブックファイル なし 1455.ebk JIS X 0208/ShiftJIS 78972 2000-11-28 2000-12-01
htmlアイコン XHTMLファイル なし 1455_20744.html JIS X 0208/ShiftJIS 30496 2005-12-12 2005-12-12
ファイルのダウンロード方法・解凍方法

関連サイトデータ


●作家リスト:公開中  [あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] [他]
●作家リスト:全    [あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] [他]
トップ ●インデックス ●作家別作品リスト