放水路

永井荷風




 隅田川すみだがわの両岸は、千住せんじゅから永代えいたい橋畔きょうはんに至るまで、今はいずこも散策の興を催すには適しなくなった。やむことをえず、わたくしはこれに代るところを荒川あらかわ放水路のつつみに求めて、折々杖を曳くのである。
 荒川放水路は明治四十三年の八月、都下に未曾有の水害があったため、初めて計画せられたものであろう。しかしその工事がいつ頃起され、またいつ頃終ったか、わたくしはこれをつまびらかにしない。
 大正三年秋の彼岸ひがんに、わたくしは久しくしていた六阿弥陀詣ろくあみだもうでを試みたことがあった。わたくしは千住の大橋をわたり、西北に連る長堤を行くこと二里あまり、南足立郡沼田村にある六阿弥陀第二番の恵明寺えみょうじに至ろうとする途中、休茶屋やすみぢゃやの老婆が来年は春になっても荒川の桜はもう見られませんよと言って、悵然ちょうぜんとして人に語っているのを聞いた。
 わたくしはこれにって、初めて放水路開鑿かいさくの大工事が、既に荒川の上流において着手せられていることを知ったのである。そしてその年を最後にして、再び彼岸になっても六阿弥陀に詣でることを止めた。わたくしは江戸時代から幾年となく、多くの人々の歩み馴れた田舎道の新しく改修せられる有様を見たくなかったのみならず、古い寺までが、事によると他処よそに移されはしまいかと思ったからである。それに加えて、わたくしはにわかに腸を病み、疇昔きのうのごとく散行の興をほしいままにすることのできない身となった。またかつて吟行の伴侶であった親友某君が突然病んで死んだ。それらのために、わたくしは今年昭和十一年の春、たまたま放水路に架せられた江北橋こうほくばしを渡るその日まで、指を屈すると実に二十有二年、一たびも曾遊そうゆうの地をおとなう機会がなかった。

        *

 大正九年の秋であった。一日いちじつ深川の高橋から行徳ぎょうとくへ通う小さな汚い乗合のりあいのモーター船に乗って、浦安うらやすの海村に遊んだことがある。小舷こべりを打つ水の音が俄に耳立ち、船もまた動揺し出したので、船窓から外を見たが、窓際の席には人がいるのみならず、その硝子板ガラスいたは汚れきってすり硝子のように曇っている。わたくしは立って出入でいりの戸口へ顔を出した。
 船はいつか小名木川おなぎがわの堀割をで、渺茫びょうぼうたる大河の上にうかんでいる。対岸は土地がいかにも低いらしく、生茂おいしげあしより外には、樹木も屋根も電柱も見えない。此方こなたの岸から水の真中へかけて、草も木もない黄色の禿山はげやまが、曇った空にそびえて眺望をさえぎっている。今まで荷船にぶね輻湊ふくそうした狭い堀割の光景に馴らされていた眼には、突然濁った黄いろの河水が、岸の見えない低地の蘆をしたしつつ、満々として四方にひろがっているのを見ると、どうやら水害の惨状を望むが如く、俄に荒凉の気味が身に迫るのを覚えた。わたくしは東京の附近にこんな人跡の絶えた処があるのかと怪しみながら、乗合いの蜆売しじみうりに問うてここに始めて放水路の水が中川の旧流を合せ、近く海に入ることを説き聞かされた。しかしその時には船堀ふなぼり葛西村かさいむらの長橋もまだ目にとまらなかった。
 わたくしの頽廃した健康と、日々の雑務とは、その十余年、重ねてこの水郷すいごうに遊ぶことを妨げていたが、昭和改元の後、五年の冬さえまた早く尽きようとするころであった。或日、深川の町はずれを処定めず、やがて扇橋おうぎばしのあたりから釜屋堀かまやぼりの岸づたいに歩みを運ぶうち、わたくしはふと路傍の朽廃きゅうはいした小祠しょうしの前に一片の断碑を見た。碑には女木塚おなぎづかとして、その下に、
秋にそうゆかばや末は小松川こまつがわ    芭蕉翁
と刻してあった。わたくしはこれを読むと共に、俄にその言うがごとく、秋のながれに添うて小松川まで歩いて見ようと思い、堀割の岸づたいに、道の行くがまま歩みつづけると、忽ち崩れかかった倉庫の立並ぶ空地の一隅に、中川大橋となした木の橋のかかっているのに出会った。
 わたくしは小名木川の堀割が中川らしい河の流れに合するのを知ったが、それと共に、対岸には高い堤防が立っていて、城塞のような石造の水門が築かれ、その扉はいかにも堅固な鉄板を以って造られ、太い鎖の垂れ下っているのを見た。乗合の汽船と、荷船や釣舟は皆この水門をくぐって堤の外に出て行く。わたくしは十余年前に浦安に赴く途上、初めて放水路をわたった時の荒凉たる風景を憶い浮べ、その眺望の全く一変したのに驚いて、再び眼を見張った。
 堤防には船堀橋という長い橋がかけられている。その長さは永代橋えいたいばしの二倍ぐらいあるように思われる。橋は対岸の堤に達して、ここにまた船堀小橋という橋につづき、更にむこうの堤に達している。長い橋の中ほどに立って眺望をほしいままにすると、対岸にも同じような水門があって、その重い扉を支える石造の塔が、折から立籠たちこめる夕靄ゆうもやの空にさびしくそびえている。その形と蘆荻ろてきの茂りとは、偶然わたくしの眼には仏蘭西フランスの南部を流れるロオン河の急流に、古代の水道アクワデクの断礎の立っている風景を憶い起させた。
 来路らいろを顧ると、大島町おおじままちから砂町すなまちへつづく工場の建物と、人家の屋根とは、堤防と夕靄とに隠され、唯林立する煙突ばかりが、瓦斯ガスタンクと共に、今しも燦爛さんらんとして燃え立つ夕陽の空高く、怪異なる暮雲を背景にして、見渡す薄暮の全景に悲壮の気味を帯びさせている。夕陽は堤防の上下一面の枯草や枯蘆の深みへ差込み、いささかなる溜水たまりみず所在ありかをもあきらかに照し出すのみか、橋をわたる車と人と欄干の影とを、橋板の面に描き出す。風は沈静して、高い枯草の間から小禽ことりの群が鋭い声を放ちながら、つぶてを打つようにぱっと散っては消える。曳舟の機械の響が両岸に反響しながら、次第に遠くなって行く。
 わたくしは年もまさに尽きようとする十二月の薄暮。さながら晩秋に異らぬ烈しい夕栄ゆうばえの空の下、一望際限なく、唯黄いろく枯れ果てた草と蘆とのひろがりを眺めていると、何か知ら異様なる感覚の刺戟を受け、一歩一歩夜の進み来るにもかかわらず、堤の上を歩みつづけた。そして遥か河下かわしもの彼方に、葛西橋の燈影のちらつくのを認めて、更にまた歩みつづけた。

        *

 葛西橋は荒川放水路に架せられた長橋の中で、その最も海に近く、その最も南のはずれにあるものである。
 しかしそれを知ったのは、いえに帰って燈下に地図をひらき見てから後のことで。その夕、船堀橋から堤づたいに、葛西橋の灯を望んだ際には、橋の名も知らず、またそこからわずか四、五町にして放水路の堤防が、靴の先のような形をなして海の中に没していることなどは、勿論知ろうはずがなかった。
 夜は忽ち暗黒の中に眺望を遮るのみか、橋際に立てた掲示板けいしいたの文字さえ顔を近づけねば読まれぬほどにしていた。掲示は通行の妨害になるから橋の上で釣をすることを禁ずるというのである。しかしわたくしは橋の欄干に身をせ、見えぬながらも水の流れを見ようとした時、風というよりもほほれる空気の動揺と、磯臭い匂と、また前方には一点の燈影とうえいも見えない事、それらによって、陸地は近くに尽きて海になっているらしい事を感じたのである。
 探険の興は勃然として湧起ってきたが、工場地の常として暗夜に起る不慮のわざわいを思い、わたくしは他日を期して、その夜は空しく帰路きろを求めて、城東電車の境川停留場さかいがわていりゅうじょう辿たどりついた。
 葛西橋の欄干には昭和三年一月竣工しゅんこうとしてある。もしこれより以前に橋がなかったとすれば、両岸の風景は今日よりも更に一層寂寥せきりょうであったに相違ない。
 晴れた日に砂町の岸から向を望むと、蒹葭けんか茫々たる浮洲うきすが、わにの尾のように長く水の上に横たわり、それを隔ててなお遥に、一列いちれつの老松が、いずれもその幹と茂りとを同じように一方に傾けている。蘆荻ろてきと松の並木との間には海水が深く侵入していると見えて、漁船の帆があし彼方かなたに動いて行く。かくの如き好景は三、四十年前までは、浅草橋場の岸あたりでも常にく眺められたものであろう。
 わたくしは或日蔵書を整理しながら、露伴先生の『※(「言+闌」、第4水準2-88-83)らんげん』中に収められた釣魚ちょうぎょの紀行をよみ、また三島政行みしままさゆきの『葛西志』をひもといた。これによって、わたくしはむかし小名木川の一支流が砂村を横断して、中川の下流に合していた事を知った。この支流は初め隠坊堀おんぼうぼりとよばれ、下流に至って境川、また砂村川と称せられたことをも知り得た。露伴先生の紀行によると、明治三十年頃、境川の両岸には樹木が欝蒼として繁茂していた事が思い知られるのであるが、今日そのあたりには埋立地に雑草のはびこるほか一叢ひとむら灌莽かんもうもない。境川は既に埋められてその跡は乗合自動車の往復する広い道になっている。
 昭和五年、わたくしが初めて葛西橋のほとりに杖を曳いた時、堤の下には枯蓮の残った水田や、ねぎを植えた畠や、草の生えた空地の間に釣舟屋が散在しているばかりであったが、その後散歩するごとに、貸家らしい人家が建てられ、風呂屋の烟突が立ち、橋だもとにはテント張りの休茶屋やすみぢゃやが出来、堤防の傾斜面にはいつも紙屑や新聞紙が捨ててあるようになった。乗合自動車は境川の停留場から葛西橋をわたって、一方は江戸川堤、一方は浦安の方へ往復するようになった。そして車の中には桜と汐干狩しおひがりの時節には、弁当付往復賃銭の割引広告が貼り出される。

        *

 放水路の眺望が限りもなくわたくしを喜ばせるのは、蘆荻ろてきと雑草と空との外、何物をも見ぬことである。殆ど人に逢わぬことである。平素市中しちゅうの百貨店や停車場ていしゃじょうなどで、疲れもせず我先きにと先を争っている喧騒な優越人種に逢わぬことである。夏になると、水泳場また貸ボート屋が建てられる処もあるが、しかしそれは橋のかかっているあたりに限られ、橋に遠い堤防には祭日の午後といえども、滅多めったに散歩の人影なく、唯名も知れぬ野禽やきんの声を聞くばかりである。
 堤防は四ツ木の辺から下流になると、両岸に各一条、中間にまた一条、合せて三条ある。わたくしはいつもこの中間の堤防を歩く。
 中間の堤防はその左右ともに水が流れていて、遠く両岸の町や工場もかくれて見えず、橋の影も日の暮れかかるころには朦朧もうろうとした水蒸気に包まれてしまうので、ここに杖を曳く時、わたくしは見る見る薄く消えて行く自分の影を見、一歩一歩風に吹き消される自分の跫音あしおとを聞くばかり。いかにも世の中から捨てられた成れのはてだというような心持になる。
 四、五年来、わたくしが郊外を散行するのは、かつて『日和下駄ひよりげた』の一書をあらわした時のように、市街河川の美観を論述するのでもなく、また寺社墳墓を尋ねるためでもない。自分から造出す果敢はかない空想に身を打沈めたいためである。平生へいぜい胸底に往来している感想にく調和する風景を求めて、瞬間の慰藉いしゃにしたいためである。その何が故に、また何がためであるかは、問詰められても答えたくない。唯おりおり寂寞を追求して止まない一種の慾情を禁じ得ないのだというより外はない。
 この目的のためには市中において放水路の無人境ほど適当した処はない。絶間なき秩父ちちぶおろしに草も木も一方に傾き倒れている戸田橋とだばしの両岸の如きは、放水路の風景の中そのもっとも荒凉たるものであろう。
 戸田橋から水流に従って北方の堤を行くと、一、二里にして新荒川橋に達する。堤の下の河原に朱塗の寺院が欝然たる松林の間に、青い銅瓦どうがわらの屋根をそびやかしている。この処は、北は川口町かわぐちまち、南は赤羽あかばねの町が近いので、橋上には自転車と自動車の往復が烈しく、わたくしの散策には適していない。放水路の水と荒川の本流とは新荒川橋下の水門をさかいにして、各堤防を異にし、あるいは遠くなりあるいは近くなりして共に東に向って流れ、江北橋の南に至って再び接近している。
 堤の南は尾久おぐから田端たばたにつづく陋巷ろうこうであるが、北岸の堤に沿うては隴畝ろうほと水田が残っていて、茅葺かやぶきの農家や、生垣いけがきのうつくしい古寺が、竹藪や雑木林ぞうきばやしの間に散在している。梅や桃の花がいかにも田舎らしい趣を失わず、能くあたりの風景に調和して見えるのはこのあたりである。小笹に蔽われた道端に、幹の裂けた桜の老樹が二、三株ずつ離れ離れに立っている。わたくしが或日偶然六阿弥陀詣の旧道の一部に行当って、たしかにそれと心付いたのは、この枯れかかった桜の樹齢を考えた後、静に曾遊そうゆうの記憶を呼返した故であった。
 江北橋の北詰には川口と北千住の間を往復する乗合自動車と、また西新井にしあらい大師だいし王子おうじの間を往復する乗合自動車とが互に行きちがっている。六阿弥陀と大師堂へ行く道しるべの古い石が残っている。葭簀張よしずばりの休茶屋もある。千住へ行く乗合自動車は北側の堤防の二段になった下なる道を走って行く。道は時々低く堤を下って、用水の流に沿い、また農家の垣外を過ぎて旧道に合している。ところどころ桜の若木が植え付けられている。やがて西新井橋に近づくに従って、旧道は再び放水路堤防の道と合し、橋際に至って全くその所在を失ってしまう。
 西新井橋の人通りは早くも千住大橋の雑沓を予想させる。放水路の流れはこの橋の南で、荒川の本流と相接した後、忽ち方向を異にし、少しく北の方にまがり、千住新橋の下から東南に転じて堀切橋ほりきりばしに出る。橋の欄干に昭和六年九月としてあるので、それより以前には橋がなかったのであろうか。あるいは掛替えられたのであろうか。ここに水門が築かれて、放水路の水は、短い堀割によって隅田川に通じている。
 わたくしはこの堀割が綾瀬川あやせがわの名残りではないかと思っている。堀切橋の東岸には菖蒲園しょうぶえんの広告が立っているからである。下流には近く四木よつぎの橋が見え、荷車や自動車の往復は橋ごとに烈しくなる。四木橋からその下流にかけられた小松川橋に至る間に、中川の旧流が二分せられ、その一は放水路に入り、更に西岸の堤防から外に出ているが、その一は堤を異にして放水路と並行して南下しているのに出逢う。
 市川の町へ行く汽車の鉄橋を越すと、小松川の橋は目の前に横たわっている。小松川の橋に来て、その欄干にると、船堀の橋と行徳川の水門の塔が見える。この水門の景は既にこれをしるした。水門から最終の葛西橋までその距離は一里を越えてはいないであろう。
昭和十一年四月





底本:「荷風随筆集(上)」岩波文庫、岩波書店
   1986(昭和61)年9月16日第1刷発行
   2006(平成18)年11月6日第27刷発行
底本の親本:「荷風随筆 一〜五」岩波書店
   1981(昭和56)年11月〜1982(昭和57)年3月
入力:門田裕志
校正:阿部哲也
2010年4月15日作成
2010年11月2日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




●表記について


●図書カード