一夕

永井荷風




一 小説家二、三人打寄りて四方山よもやまの話したりし時一人いちにんのいひけるはおよそ芸術を業とするもののうちにて我国当世の小説家ほど気の毒なるはなし。それもなまじ西洋文学なぞうかがひて新しきを売物にせしものこそ哀れは露のひぬの朝顔、路ばたの槿むくげの花にもまさりたれ。もし画家たりとせんか梅花ばいかを描きて一度ひとたび名を得んには終生唯梅花をのみ描くも更に飽かるるおそれなし。年老いて筆力つかるれば看るものかへつて俗を脱したりとなし声価いよいよあがるべし。俳優には市川家十八番の如きお株といふものあり。演ずる事たびたびなれば、観客ますます喜びてために新作をかえりみるのいとまなきに至らしむ。音曲家おんぎょくかについて見るもまた然らずや。聴衆の音曲家に望んで常に聴かんと欲する処はその人によりて既に幾回となく聴馴れしもの。すなわち荒木古童あらきこどうが『残月ざんげつ』、今井慶松いまいけいしょうが『新曲晒しんきょくさら[#「新曲晒しんきょくさらし」は底本では「新曲洒しんきょくさらし」]』、朝太夫あさたゆうが『おしゅん伝兵衛でんべえ』、紫朝しちょうが『すずもり』のたぐいこれなり。神田伯山かんだはくざんおうぎを叩けば聴客『清水しみず治郎長じろちょう』をやれと叫び、さん高座にのぼるや『睨み返し』『鍋焼うどん』を願ひますとの声しきりにかかる。小説家の新作をいだすや批評家なるものあつて何々先生が新作例によつて例の如しといへば読者忽ちそんなら別に読むには及ぶまじとて手にせず。画工俳優音曲の諸芸家例によつて例の如くなればますますよし。小説家例によつて例の如くなれば文運ここに尽く。小説家を以て世に立たんことまことにかたし。
一 詩歌しいか小説は創意を主とし技巧をひんとす。技芸は熟錬を主として創意を賓とす。詩歌小説の作措辞そじ老練に過ぎて創意乏しければ軽浮けいふとなる。然れどもいまだ全く排棄すべきにらず。演技をなすものみだりに創意する処を示さんとしてその手これに伴はざれば全く取るなきにおわる。翻訳劇を演ずる俳優の技芸の如き、あるひはまた公設展覧会の賞牌しょうはいんとする画家の新作の如き即ちこれなり。
一 角力取すもうとり老後を養ふに年寄の株あり。もし四本柱に坐する事を得ばこれおわりを全くするもの。一身の幸福これより大なるはなけん。小説家その筆漸く意の如くならずその作また世に迎へられざるを知るや転じて批評の筆を取り他人の作を是非してお茶を濁す。事は四本柱の監査役と相同じくしてその実は然らず。一は退しりぞいて権威いよいよ強く一は転じて全くその面目めんもくを失ふ。
一 われら折々人に問はるる事あり。先生いつまで小説をかくおつもりなるや。よく根気がつづくものなりよく種がつきぬものなりと。これお世辞なるや冷嘲れいちょうなるや我知らず。およそ小説と称するものその高尚難解なると通俗平易なるとの別なく共に世態人情の観察細微を極むるものなからざるべからず。高遠なる理想を主とする著作時として全く架空の事件を綴るものあるが如しといへども、行文こうぶんうちおのずから作者の人間世間に対する観察の歴然として窺ふべきものあり。されば作者老いて世事にみただ青山白雲を友としたきやうのかんがえ起りきたれば文才の有無にかかはらず、小説の述作はおのずから絶ゆべし。小説の生命は俗なる所にあり。人間に接する処にあり。世事に興味を有する所にあり。西洋の文学小説におもきを置けども東洋においては然らざる所以ゆえんけだしたずぬるに難からず。
一 柳亭種彦りゅうていたねひこ田舎源氏いなかげんじ』の稿を起せしは文政ぶんせいの末なり。然ればそのよわい既に五十に達せり。為永春水ためながしゅんすいが『梅暦うめごよみ』を作りし時の齢を考ふるにまた相似たり。彼ら江戸の戯作者いくつになつても色つぽい事にかけては引けを取らず。浮世絵師について見るに歌麿うたまろ吉原青楼よしわらせいろう年中行事』二巻の板下絵はんしたえを描きしは五十前後即ち晩年の折なり。我今彼らの芸術を品評せず唯その意気をよみしその労を思ひその勇に感ず。
一 今の小説家筆持つ事をば労作なりと称す。推敲すいこうは苦心なりもとより楽事らくじにあらず然れども苦悶のうちおのずからまた言外の慰楽の伴来ともないきたるものなきにあらず。文事を以てあたかも蟻の物を運ぶが如き労働なりとなす所以ゆえんわれらの到底解するあたはざる所なり。工匠こうしょうの家を建つるは労働なり。然りといへどものみかんなを手にするもの欣然きんぜんとしてその業を楽しみ時に覚えず清元きよもとでも口ずさむほどなればその術必ずつたなからず。昔日せきじつ普請ふしんと今日の受負うけおい工事とを比較せばおもいなかばすぐるものあらん。
一 黄梅こうばいの時節漸く過ぐ、正に曝書ばくしょすべし。たまたま趙甌北ちょうおうほくの詩集をひもとくに左の如き絶句あるを見たり。
 売文      〔ふみる〕
売文銭稍入慳嚢 〔ふみりてぜにいささ慳嚢けんのう
欲破休糧秘密方  かてちし秘密ひみつほうやぶらんとほつ
楊子江中水雖浅  楊子江中ようすこうちゅうみずあさしといえど
[#「孚」の「子」に代えて「臼」、212-11]他一勺亦何妨  それ一勺いっしゃく[#「孚」の「子」に代えて「臼」、212-11]むになんさまたげん〕
 編詩      〔む〕
旧稿叢残手自編 〔旧稿きゅうこう叢残そうざん手自てずか
千金敝帚護持堅  千金せんきん敝帚へいそう護持ごじすることかた
可憐売到街頭去  あわれし りに街頭がいとういたくも
尽日無人出一銭  尽日ひねもす ひと一銭いっせんいだすものし〕
一 市川松莚いちかわしょうえん君この頃『本草図譜ほんぞうずふ』『草木育種』『絵本野山草のやまぐさとうに載する所の我邦在来の花卉かきを集めて庭にゆ。君語つて曰く古めかしき草花そうかは植木屋にたのみてもなかには間々ままその名をさへ忘れられしものなぞありて可笑おかしと。さもあるべし。向島むこうじま百花園ひゃっかえんなぞにても我国従来の秋草あきぐさばかりにては客足つかぬと見えて近頃はさかんに西洋の草花を植雑うえまじへたり。日本の草花は温室咲の西洋草花に比すれば、その色淡泊その形瀟洒しょうしゃにておのずからまた別種のおもむきあり。当世風の厚化粧入毛いれげ沢山の庇髪ひさしがみにダイヤモンドちりばめ女優好みの頬紅さしたるよりも洗髪あらいがみに湯上りの薄化粧うれしく思ふやからにはダリヤ、ベコニヤなんぞ呼ぶものよりも雪の下蛍草なぞのささやかなる花こそ夏には殊更好ましけれ。
一 つらつら四季を通じてわが国草木そうもくの花を見るに、西洋種せいようだねの花に引比ひきくらぶれば、ここにおのずから特殊の色調あるを知る。牡丹ぼたん芍薬しゃくやくの花極めて鮮妍せんけんなれどもそのおもむき決してダリヤと同じからず、石榴花ざくろ凌宵花のうぜんかつらさながら猛火の炎々たるが如しといへどもそは決して赤インキの如きにはあらず。牡丹のくれない加賀友禅かがゆうぜんの古色を思はしめ、石榴花の赤きは高僧のまとへるころもの色に似たり。日本の花はいかほど色濃く鮮なるも何となく古めきていひがたき渋味あり。庭後庵ていごあん主人好んで小鳥を飼ふ。かつて語りけるは小鳥もいろいろ集めて見る時は日本在来のものは羽毛うもうの色皆渋しと。まことや鶯、繍眼児めじろひわ萵雀あおじの羽の緑なる、鳩、竹林鳥るりの紫なる皆何物にも譬へがたなき色なり。今や世を挙げて西洋模倣の粗悪なる毒々しき色彩衣服に書籍に家屋に器具に到処いたるところ人の目をおびやかすにつけて、わずか両三年ぜんまではさほどにも思はざりける風土固有の温和なる色調、漸くそのなつかしさを増し行かんとす。気早きばやの人みだりにわれらを以て好古癖に捉はるるものとなすなかれ。われら真に良きものなれば何ぞ時の今古きんこと国の東西を云々うんぬんするのいとまあらんや。西班牙スペインに固有の橙紅色とうこうしょくあり。仏蘭西フランスに固有の銀鼠色ぎんねずみいろあり。伊太利亜イタリアに固有の紅色あり。これ旅行者の一度ひとたびその国土に入るや天然てんねんと芸術との別なく漫然として然も明瞭に認むる所なり。一国の風土は天然と人為とを包合ほうごうして必ずここに固有の色を作らしむ。われらは我邦土わがほうど本来の面目の何たるかを知りこれを失はざらん事をおもんばかるに過ぎず。おのれの面目を知るはこれ即ち進んで他の面目の何たるかを窺ふの道たればなり。
大正五丙辰仲夏稿





底本:「荷風随筆集(下)」岩波文庫、岩波書店
   1986(昭和61)年11月17日第1刷発行
   2007(平成19)年7月13日第23刷発行
底本の親本:「荷風随筆 一〜五」岩波書店
   1981(昭和56)年11月〜1982(昭和57)年3月
※「漢詩文の訓読は蜂屋邦夫氏を煩わした。」旨の記載が、底本の編集付記にあります。
※ルビは新仮名とする底本の扱いにそって、ルビの拗音、促音は小書きしました。
入力:門田裕志
校正:阿部哲也
2010年3月8日作成
2010年11月1日修正
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




●表記について

「孚」の「子」に代えて「臼」    212-11、212-11


●図書カード