子ざると母ざる

母が子供に読んできかせてやる童話

小川未明




 ある、かりゅうどがやまへいくと、ざるがひろってたべていました。もうじきにふゆがくるので、あかいろづいて、いろいろの小鳥ことりたちが、チッ、チッ、といっていていました。
 かりゅうどは、ざるをつけると、足音あしおとをたてぬように、近寄ちかよりました。
「はてな、ざるひとりとみえるな。おやざるはどうしたろう?」
 あたりをまわしたけれど、ははざるの姿すがたえませんでした。
「きっとざるめが、ははざるのらぬまに、あそびにたのだ。鉄砲てっぽうつのは、かわいそうだ。どれ、つかまえてやろう。」
 かりゅうどは、こしにつけていた、つなで、おとしをつくりました。そして、自分じぶんは、そのはしをにぎって、かげかくれていました。
 それともらずにざるは、をさがすのに夢中むちゅうになっていました。そのうちおとしのなかはいって、はっとおもうまに、ざるは、かりゅうどのらえられてしまいました。
 かりゅうどは、むらかえると、ざるをいえまえにつないでおきました。すこしらして、まちりにいこうとおもったのです。
 むら子供こどもたちは、見物けんぶつにきて、いもげてやったり、かきをげてやったりしました。ざるは、上手じょうずにそれをけて、べていましたが、やまはやしで、ひろってたべたのようにおいしくありませんでした。さむ西風にしかぜいて、えだうごくのをると、やまのおうちこいしくなるのでした。
「おうちかえりたいな。ひとりでは、みちがわからないし、自分じぶんちからでは、こしについているくさりることができない。」
 ざるのからは、あつなみだがわきました。
 そこへ、つえをついて、しろいひげのはえた、おじいさんがきました。
まごたちがほしがるので、このざるを、わたしってくださらないか。」といいました。
「おお、酒屋さかやのご隠居いんきょさんですか。あなたが、このさるをってくだされば、わたしは、まちっていくほねおりなしにすみます。」と、かりゅうどは、こたえました。
 ざるは、こうして、そのから、酒屋さかやしょうちゃんや、かねさんのあそ相手あいてとなったのです。
 かねさんも、しょうちゃんも、どちらも欲張よくばりでした。
「このおさるは、ぼくのだよ。」と、しょうちゃんがいうと、
「いいえ、このおさるさんは、わたしのよ。」と、かねさんがいいました。
「ちがうよ、ぼくのだから。」
 二人ふたりは、たがいにいいあらそって、祖父おじいさんのところへききにきました。
 祖父おじいさんは、ただわらって、返事へんじにおこまりになりました。
「さあ、だれのだろうな。それは、おさるさんにきいてみるのが、いちばんいい。」と、祖父おじいさんは、おっしゃいました。二人ふたりは、こんどは、ざるのところへまいりました。
「おさるさん、ぼくのだねえ。」と、しょうちゃんが、いいました。
「おさるさん、わたしのだわねえ。」と、かねさんが、いいました。
 りこうなざるも、やはり返事へんじこまって、しばらくあたまをかしげてかんがえていましたが、
わたしは、わたしをいちばんかわいがってくださるかたのものになります。」と、こたえたのです。
 しょうちゃんにも、かねさんにも、ざるの返事へんじが、わかったでしょうか?
 やまでは、ははざるが、かりゅうどにつれられていったから、よるひるざるのことをおもってわすれるがありませんでした。
「いまごろはどうしているだろう。あれほど、とおくへひとりであそびにいってはならぬといったのに、いうことをきかないばかりにこんなことになってしまった。達者たっしゃでいてくれるだろうか。」と、さとほう心配しんぱいしていました。
 おもいがけなく、やまのからすが、ははざるのそばへんできて、
「ご心配しんぱいなさいますな、ざるさんは、お達者たっしゃで、かわいがられていますよ。」と、自分じぶんてきたことをはなしてくれました。
 ははざるは、それをきくと、どんなによろこんだでありましょう。いくたびもしんせつなからすにかって、おれいをいいました。そのうちにゆきりはじめました。やまも、野原のはらも、しろになりました。
 やまのからすから、ざるのいるところをいたははざるは、あるばんやまくだって、ゆき野原のはらあるいて、ざるのところへたずねてまいりました。
 それは、さむばんで、ざるは、はこなかのわらにうずまって、ねむっていました。すると、だれかこすものがあります。おどろいて、をさますと、いままでゆめていた、なつかしい母親ははおやが、かおうえからのぞいているのでありました。
「おかあさん!」
「しっ、しずかに、いま、おまえをしばってあるくさりってやるよ。」
 ははざるは、ゆびのつまさきからも、くちびるからもして、とうとうかたくさりってしまいました。そして、ふたりは、たがいにってよろこび、ころげるようにして、ゆきなかやまほうへとげていくのでした。
 ゆきうえには、二ひきのさるの足跡あしあとと、ところどころにちたあかのあとがのこっていましたが、かみさまは、この親子おやこをかわいそうにおもわれて、かりゅうどのいかけてこぬようにと、夜明よあがたから、ひどい吹雪ふぶきとなさいました。それで、なにもかもしろになって、あとがわからなくなってしまいました。
 しょうちゃんと、かねさんは、あさきてみて、ざるがいなくなったので、どんなにびっくりしたでしょう。けれどおやまかえったとったら、「それは、よかった。」といって、きっと、よろこんでくれたにちがいありません。





底本:「定本小川未明童話全集 11」講談社
   1977(昭和52)年9月10日第1刷発行
   1983(昭和58)年1月19日第5刷発行
底本の親本:「小学文学童話」竹村書房
   1937(昭和12)年5月
初出:「愛育 2巻11号」
   1936(昭和11)年1月
※表題は底本では、「ざるとははざる」となっています。
※副題は底本では、「はは子供こどもんできかせてやる童話どうわ」となっています。
※初出時の表題は「小猿と母猿」です。
入力:特定非営利活動法人はるかぜ
校正:酒井裕二
2016年12月22日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




●表記について


●図書カード