夏とおじいさん

小川未明




 あるまちに、むずかしいおじいさんがんでいました。まったく、ひとりぽっちでおりましたけれど、欲深よくふかなものですから、かねをためることばかりかんがえていて、さびしいということなどりませんでした。
「おじいさんは、おひとりで、おさびしくありませんか?」と、ひともののおじいさんのうえおもって、なぐさめるものがあると、
仕事しごとにいそがしいから、そんなことはかんがえませんよ。」と、おじいさんは、さびしいとか、さびしくないとかいうのは、閑人ひまじんのいうことだとばかりに返事へんじをしました。
「それは、お元気げんきで、なによりけっこうなことです。」と、たずねたひとは、かねがもうかれば、さびしくないものとみえる、さすがに、金持かねもちはちがったものだとおもいました。
 おじいさんは、やとにん手足てあしのごとく使つかいました。やとにんたちは、おじいさんのむずかしやをっていますから、せっせといいつけどおりはたらいたのです。そして、自分じぶんおもったように物事ものごとがうまくゆけば、にこにことして、おじいさんは、きげんがよかったけれど、うまくゆかないときには、
「おまえは、がつかん、ばかだから。」といって、がみがみしかったのであります。
 やとにんは、たまりかねて、
「あんなわからずやには、ばちがあたればいい。」と、おもっていました。ところが、おじいさんはリューマチの気味きみで、なつのはじめごろから、手足てあしがよくきかなくなりました。
「とうとう、かみさまが、ばちをおあてなされたのだ。これからは、わたしどもにもやさしくしてくださるだろう。」と、やとにんたちは、いったのであります。
 ところが、その反対はんたいで、からだこそよく自由じゆうはきかなかったが、ますますくちやかましくなって、それに自分じぶん不自由ふじゆうで、おもうようにならぬところから、かんしゃくをこして、使つかっているものに、小言こごとをいったのです。
 それでも、みんなは、「病人びょうにんだから、だまっておれ。」と、我慢がまんをしていました。
 にまし、あつくなると、はえやが、だんだんおおてきました。はえは遠慮えんりょなく、おじいさんのはげたあたまうえにとまりました。
「この畜生ちくしょうめ。」といって、おじいさんは、うちわをあたまうえにやって、はえをたたこうとしました。はえは、すばしこくげて、また、おじいさんがじっとしていると、あたまうえにきてとまりました。
「ふといやつだ、おれをからかっているな。」と、おじいさんは、かおあかくしておこりました。しかし、はえのことですから、おこってみるだけで、どうすることもできません。
 また、ばんになると、がやってきて、おじいさんを、ちくちくとしました。
「おれが、手足てあしがきかないとおもって、までがばかにする。」と、おじいさんは、おこったのであります。
 はえや、たいするはらだたしさが、ついやとにんのほうへまわってきましたから、たまりません。せめて、このなつあいだなり、すずしいやま温泉おんせんにでもまいられたらといって、おじいさんにすすめました。
 おじいさんは、いいかんがえだといって、よろこぶとおもいのほか、
仕事しごとのいそがしいからだで、そんなところへゆけるものか? わたしは、あのビルディングの五かい事務所じむしょで、なつごすつもりだ。」と、こたえました。
「なるほど、それは、いいおかんがえでございます。」と、温泉行おんせんゆきをすすめたやとにんは、あたまをかいてがりました。
 おじいさんは、いよいよビルディングへうつって、たかい五かいしつむようになってから、はたして、はえも、もこなければ、すずしいかぜがはいって、それはけっこうでありました。
「なぜ、はやくここへこなかったろう。」と、おじいさんは、大喜おおよろこびでしたが、やとにんは、ますます手足てあしのごとく使つかわれて、がったり、りたりするので、ほんとうにやりきれなくなりました。ちょうど、そのおりのことです。ビルディングのエレベーターに故障こしょうができて、まってしまった。その修繕しゅうぜんには、五、六日間にちかんかかるそうです。やとにんたちは、あたまあつめて、
「こんなときにでも、おじいさんをこまらして、平常へいじょう手足てあしのようにはたらいている、みんなのありがたみをらしてやれ。」と、相談そうだんしました。
 それで、みんなが、仕事しごとやすんでしまうと、からだ自由じゆうがきかないおじいさんですから、まったくこまってしまいました。
不埒ふらちのやつどもだ。よくも、わしをひどいめにあわしたな。」と、おじいさんは、おこりましたけれど、よくかんがえれば、自分じぶん無理むりだったので、いつでも、みんなが、自分じぶんのどんな命令めいれいでもきくものとおもったからです。
「そうだ。おれは、もっと謙遜けんそんにならなければならない。そして、ひとしんじなければならない。このなかは、おたがいにたすわなければならぬところだ。」と、さとりました。
 おじいさんははらがへると、かごのなかへ、紙片かみきれいて、それといっしょにぜにをいれて、ほそひもで、するすると五かいまどから、したとおりへおろしました。その紙片かみきれには、
「もし、このおかねで、パンをって、このなかへいれてくださればしあわせです。そして、あなたの手間賃てまちんもおきください。」と、いてありました。
 おじいさんは、しばらくして、かごをげると、そのなかには、できたてのやわらかなパンがはいっていました。そしてせんも、ちゃんとはいっていたのです。
 赤々あかあかとした、なつ太陽たいようは、たかいビルディングと、ひとあゆしろみちをいきいきといろどり、らしていました。おじいさんは、ただしいみちさとったばかりに、それからは、やとにんにも尊敬そんけいされ、ひとりぽっちでさびしくなく、からだがきかなくても、何不自由なにふじゆうなく、らすことができたのであります。





底本:「定本小川未明童話全集 8」講談社
   1977(昭和52)年6月10日第1刷発行
   1982(昭和57)年9月10日第6刷発行
底本の親本:「青空の下の原っぱ」六文館
   1932(昭和7)年3月
初出:「国民新聞」
   1931(昭和6)年7月12日
※表題は底本では、「なつとおじいさん」となっています。
※初出時の表題は「夏とおぢいさん」です。
入力:特定非営利活動法人はるかぜ
校正:津村田悟
2018年7月27日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。




●表記について


●図書カード