トップ ●インデックス ●作家別作品リスト ●図書カード

図書カード:No.55507

作品名:基督信徒のなぐさめ
作品名読み:キリストしんとのなぐさめ
著者名: 内村 鑑三 

ファイルのダウンロードいますぐXHTML版で読む

作品データ

初出:明治二十四年四月十九日いわゆる……「基督信徒のなぐさめ」警醒社書店、1924(大正13)年2月25日改版
“If I can put……「基督信徒のなぐさめ」警醒社、1896(明治29)年12月1日
自序「基督信徒の慰」警醒社、1893(明治26)年2月25日
第二版に附する自序「基督信徒のなぐさめ」警醒社、1893(明治26)年8月14日
回顧三十年「基督信徒のなぐさめ」警醒社、1923(大正12)年2月25日
文字遣い種別:新字新仮名
備考:この作品には、今日からみれば、不適切と受け取られる可能性のある表現がみられます。その旨をここに記載した上で、そのままの形で作品を公開します。(青空文庫)

作家データ

分類:著者
作家名:内村 鑑三
作家名読み:うちむら かんぞう
ローマ字表記:Uchimura, Kanzo
生年:1861-03-26
没年:1930-03-28
人物について:思想家。キリスト教の神髄は聖書の中にこそあるとして、個人による聖書研究を重視し、教会や典礼といった制度、形式を退ける無教会主義の創始者。高崎藩士の長男として江戸に生まれ、有馬英学校などを経て、札幌農学校に二期生として入学。ここで、「少年よ大志を抱け」で知られるウィリアム・クラークに感化を受けて、キリスト教徒となる。卒業後はいったん、官吏となって水産研究に当たったが、後に辞職して渡米。米国アマースト大学留学中に、同校の総長を務めていたジュリアス・H・シーリーの強い影響を受けて回心を経験する。『余は如何にして基督教徒となりし乎』は、この回心に至るまでの自伝。帰国後、教育勅語への敬礼を拒んだことが「不敬事件」とされ、激しい非難を浴びて全国を転々とすることを余儀なくされる。キリスト教に関わる論説の他、幅広い社会評論をものし、足尾鉱毒事件に際しては、銅山経営者、古河市兵衛を糾弾する論陣を張った。
wikipediaアイコン内村鑑三

底本データ

底本:基督信徒のなぐさめ
出版社:岩波文庫、岩波書店
初版発行日:1939(昭和14)年9月15日
入力に使用:1976(昭和52)年12月16日第30刷改版
校正に使用:1997(平成9)年6月16日第38刷
備考:

底本の親本:基督信徒の慰
出版社:警醒社
初版発行日:1893(明治26)年2月25日

工作員データ

入力:家田文隆
校正:officeshema

ファイルのダウンロード

ファイル種別 圧縮 ファイル名(リンク) 文字集合/符号化方式 サイズ 初登録日 最終更新日
rtxtアイコン テキストファイル(ルビあり) zip 55507_ruby_72607.zip JIS X 0208/ShiftJIS 61590 2021-01-27 2021-01-27
htmlアイコン XHTMLファイル なし 55507_72651.html JIS X 0208/ShiftJIS 195873 2021-01-27 2021-01-27
ファイルのダウンロード方法・解凍方法

関連サイトデータ


●作家リスト:公開中  [あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] [他]
●作家リスト:全    [あ] [か] [さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] [他]
トップ ●インデックス ●作家別作品リスト