由緒ある英国庭園にて 咲ける花のふしぎな夢(W・クレイン/大久保ゆう訳)
203

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2018年12月25日 |

由緒ある英国庭園にて
咲ける花のふしぎな夢

A FLORAL FANTASY IN AN OLD ENGLISH GARDEN
by Walter Crane

[#表紙]

[#扉絵1]
[#扉絵2]

[#挿絵1]
なつかしき世の園の夢を見る
かつて草花は人のごとき名を持ち
どうにも姿もふしぎで
紳士淑女よろしく振る舞ったという

[#挿絵2]
その昔ロザリンドの閨房近くでは
孔雀色したイチイの垣根のそばに
何も草花が見つからなかったそうだが
実は見つけ方にこつがあるのだ
さあ木戸の鍵を手に取るがよい
見るも麗しく 整えられた木の節や
刈り込まれた茂み なめらかな芝生に
沿って 気ままに夢をたどるのだ

[#挿絵3]
草の葉からとうに雫も落ちきって かたわらで
時爺《タイム》がその大鎌を研いでいるうちに

[#挿絵4]
四季の乙女らが飛ぶのも忘れて
日時計の柱をぐるりと踊るあいだに

[#挿絵5]
英語の古書から一葉つまめば
糸葉《キズイセン》がひとり文筆を持ち来てくれよう

[#挿絵6]
みどりの国の片隅から知らせておくれ
女と男よろしく装う草花たちのことを

[#挿絵7]
まずは美神之鏡《ヒナキキョウソウ》
その向こうには流血之愛神《ヒモゲイトウ》が見える

[#挿絵8]
かたわら麗乙女群《チドリソウ》が連れだって
さして心に気にもとめずに通り過ぎてゆく

[#挿絵9]
つづいて 輝く円盾を手にしたひとりの騎士
かなりの厚さの獅子之群牙《タンポポ》が見えるか
羽に覆われた盾頂は申し分なく
黄金の布地が広がっている

[#挿絵10]
純朴な正直者《ゴウダソウ》がいたずらに
布地を見せるが誰もまとおうとしない
そのそば つまれてしまう羊飼之袋《ナズナ》
ずるがしこい襤褸男《センノウ》が下手人だ

[#挿絵11]
ほかに 仔馬之足《フキタンポポ》
飛燕《ヒエンソウ》に早駆《クワガタソウ》

[#挿絵12]
草花のさなか まっすぐに向かう

[#挿絵13]
みちみち 泉のところであえぐ鹿舌《コタニワタリ》や

[#挿絵14]
陽雫《モウセンゴケ》をなめる犬舌《オオルリソウ》などもいる

[#挿絵15]
こちらは乙女之髪《クジャクシダ》に仕える美神之櫛《ナガミノセリモドキ》
あちらには 美女《オオカミナスビ》に捧ぐ王杯《リュウキンカ》たち

[#挿絵16]
お召し物は紫と黄金でご満悦
とはいえ肩にかかるは死之夜布《オオハシリドコロ》

[#挿絵17]
見よ 衣と冠まとう都之華《ヒカゲユキノシタ》を
黄金杖《アキノキリンソウ》にかしづかれている
かたわら 草花の一群がまわりに押し合いへし合い
貴婦人のこうべから会釈をいただこうと争う

[#挿絵18]
待ちかまえる狐之手袋《キツネノテブクロ》たち
ふたりひと組どころか大勢一党
この愉しみ見逃すまいと繰り出して
姉妹・伯母叔母・従姉妹まで

[#挿絵19]
針草《ハコベ》がため息つきつつ顔を上げ
いまだ縫われぬ独身男之釦《ヤグルマギク》を見やる

[#挿絵20]
とはいえ未婚の軟弱者《ヒナギク》らの顔は眼中になし
なぜならまだ刈られたばかりのひよっこだから

[#挿絵21]
馬尾《スギナ》は狼爪《ヒカゲノカズラ》から逃げおおせ
淑女之縁飾《リボンガヤ》とともに走り去る

[#挿絵22]
修道士之頭巾《マルシアルム》が法学士をつつみ
そして司祭草《イワミツバ》が閣下自身を覆う

[#挿絵23]
咬竜《キンギョソウ》はその顎門を開くも
蘇格之国章《アザミ》を目にするや青ざめる

[#挿絵24]
あまりに勝ち目がなさすぎる
鱗のない竜であっては

[#挿絵25]
匍匐娘《コバンコナスビ》がだらん横になっていると
とうとう楽しい気持ちが盛り上がってきて
この世での舞い上がり方も知っているから
雅各之梯子《ハナシノブ》を登ってゆくのだ

[#挿絵26]
色男維廉《ビジョナデシコ》が黄金瑪麗《キンセンカ》とともに
近くの花壇で心之平安《サンシキスミレ》をさがす
そこでは しっかり糊付けした襞襟を重ねて
すまし顔の和蘭博士花《テンジクボタン》が整列している

[#挿絵27]
自己愛男《スイセン》が小川をのぞきこむ
不凋花《ラッパズイセン》に気を取られて

[#挿絵28]
その向こうずみからながめる目明草《コゴメグサ》は
なんてばかなひとなのかしらとそぞろ思う

[#挿絵29]
童槍《ガマ》と 対するは王之槍《ツルボラン》
喇叭《キランソウ》の音が試合開始を告げる

[#挿絵30]
その場で我が物顔の淑女之肩掛《ハゴロモグサ》
この女こそ決闘のきっかけたる旗印

[#挿絵31]
騎士之拍車《ルリヒエンソウ》の向かう先は淑女之私室《センニンソウ》
淑女之履物《アツモリソウ》を探して捜索中

[#挿絵32]
女のほうは夏の小雨で迷子になって
そこへ足をひっかけようとする道化草《チョロギ》

[#挿絵33]
牛酪色卵色《ホソバウンラン》につむがれる蛙亜麻《セイヨウウンラン》

[#挿絵34]
淑女之座布《ハマカンザシ》に腰を下ろす千葉《アルメリア》
何も棄てず盗まずねだらずともよいのに
哀れな襤褸草《ボロギク》に手を差し伸べてもやらない

[#挿絵35]
草原女王《セイヨウナツユキソウ》は甘美草地《シモツケソウ》
広々とした草の領地におわします

[#挿絵36]
ところがその宮廷で出会えないのが
包み頭巾の堂々とした土耳古人頭《マルタゴン》

[#挿絵37]
きらきら八芒星《オオアマナ》が照り輝く
昔話のように地に近きところで

[#挿絵38]
そして緑の陰をぬけて明るくなるのが
聖約翰草《オトギリソウ》の光――黄金の光輪

[#挿絵39]
ところが陽の時間はたちまち過ぎ去る
やがてそれとともに草花もしおれゆく

[#挿絵40]
霧中之愛《クロタネソウ》は身を隠すも
庭の時爺は次々と抜き取ってゆく

[#挿絵41]
おいでなさるは旅人之悦《ボタンヅル》
からみ抱きしめ 旅の終わりにご挨拶

[#挿絵42]
われらも葡萄酒漬《クンイソウ》で話し込み
また次もほがらかに会おうと乾杯できよう

[#奥付]


訳者コメント

■底本は Walter Crane (1899) A Floral Fantasy in an Old English Garden で、クレインが草花をモチーフに制作していた絵本シリーズの第3作目。第1作『フローラの饗宴』、第2作『夏の女王』で得た経験を生かしながら、新たに写真製版印刷を採用して作り上げた集大成で、これが本邦初訳のはず。

■英語名に着想を得て擬人化してあるので、花を和名で訳してしまうとわけがわからなくなってしまうため、漢字で英名の直訳、フリガナに和名を当てるという苦肉の策。

■しかし植物の同定がたいへん手間でした。実際に写真と絵を比べてみないことにはどうにもならないわけです。

■これで英国児童絵本史初期の代表的作家はあらかた1作ずつは訳せたかしら。コールデコット、クレイン、グリーナウェイ、ポッター……(あとクルックシャンクとかテニエルとかは他の作品に入ってるし)。えっリチャード・ドイルがない? うーんそうですね……

■というわけでメリークリスマス。

□改訂 《ホタルブクロ》→《ヒナキキョウソウ》


3 Comments »

  1. 英語版で植物の英語名を調べ、英語の漢語直訳名《和名》と並べてみると、アイデアの良さが分かりますし、苦労も分かってきます。
    まず、大文字になっていなかったhonestyが正直者《ゴウダソウ》となったので、注目しました。ネットの英和辞書でhonestyを調べても訳語として植物名があるものはなかなか見つからなくて、やっと見つかったWeblio英和辞典・和英辞典中の「日本語WordNet(英和)」では「その香気がある紫がかった花と屋内の装飾のために使われる丸い平らな紙のような銀白色の莢のために栽培される南東のヨーロッパの植物」という訳語ではなかうて説明が出てきてびっくりしたものです。
    その後、さらに調べてみると「ゴウダソウ」「ルナリア」ということが分かりました。ゴウダソウという名前は、合田清という人が1901年にパリから種子を持ち帰ったためからだというから、珍しい名付けられ方をしています。また、honestyという名前の由来は、その種袋が半透明で中にある小判型の種子が透けて見えるからのようです。

    Comment by POKEPEEK2011 — 2019年1月3日 @ 12:31 AM
  2. 植物の英名を知るために、http://www.gutenberg.org/ebooks/24485 をダウンロードし、テキスト部分を抜き出してみた。植物名の部分を抜き出して、英語名、英名直訳漢名、和名を並べたのが次の表である。英名直訳漢名の工夫ぶりが理解できる。先頭の数字は、”A floral fantasy in an old English garden : set forth in verses & coloured designs” (https://archive.org/details/floralfantasyino00cranrich/) での本文pageである(上のテキストのイラストの順番では、この数字から1を引いた番号となる)。イラストは、ほとんど単ページで成り立っているが、中には見開き構成になっているものがあるので、このサイトはありがたい。

    09 Jonquil 糸葉 《キズイセン》
    10 –
    11 VENUS’S LOOKING GLASS 美神之鏡 《ホタルブクロ》
      LOVE LIES BLEEDING 流血之愛神 《ヒモゲイトウ》
    12 PRETTY MAIDS 麗乙女群 《チドリソウ》
    13 DENT-DE-LION 獅子之群牙 《タンポポ》
    14 honesty 正直者 《ゴウダソウ》
      SHEPHERD’S-PURSE 羊飼之袋 《ナズナ》
      RAGGED-ROBIN 襤褸男 《センノウ》
      COLTSFOOT 仔馬之足 《フキタンポポ》
    15 LARKSPUR 飛燕 《ヒエンソウ》
      SPEEDWELL 早駆 《クワガタソウ》
    16 –
    17 HARTSTONGUE 鹿舌 《コタニワタリ》
    18 HOUNDSTONGUE 犬舌 《オオルリソウ》
      SUNDEW 陽雫 《モウセンゴケ》
    19 VENUS’-COMBE 美神之櫛 《ナガミノセリモドキ》
      MAIDENHAIR 乙女之髪 《クジャクシダ》
    19 KING-CUPS 玉杯 《リュウキンカ》
      BELLA-DONNA 美女 《オオカミナスビ》
    20 DEADLY NIGHTSHADE’S 死之夜布 《オオハシリドコロ》
    21 LONDON PRIDE 都之華 《ヒカゲユキノシタ》
      GOLDEN ROD 黄金杖 《アキノキリンソウ》
    22 FOXGLOVES 狐之手袋 《キツネノテブクロ》
    23 STITCHWORK 針草 《ハコベ》
      BATCHELOR’S BUTTONS 独身男之釦 《ヤグルマギク》
    24 Daisies 軟弱者 《ヒナギク》
    25 HORSE-TAIL 馬尾 《ナズナ》
      WOLFE’S CLAW 狼爪 《ヒカゲノカズラ》
      LADIES’ LAGES 淑女之縁飾 《リボンガヤ》
    26 FRIAR’S-COWL 修道士之頭巾 《マルシアルム》
      BISHOP’S-WEED 司祭草 《イワミツバ》
    27 SNAPDRAGON 咬竜 《キンギョソウ》
      Scotch THISTLE 蘇格之国童 《アザミ》
    28 –
    29 JENNY-CREEPER 葡萄娘 《コバンナスビ》
      JACOB’S LADDER 雅各之梯子 《ハナシノブ》
    30 SWEET WILLIAM 色男維廉 《ビジョナデシコ》
      MARYGOLD 黄金瑪麗 《キンセンカ》
      HEARTSEASE 心之平安 《サンシキスミレ》
      DUTCH DAHLIAS 和蘭博士花 《テンジクボタン》
    31 NARCISSUS 自己愛男 《スイセン》
      DAFFA-DOWN-DILLY 不涸花 《ラッパスイセン》
    32 EYEBRIGHT 目明草 《コゴメクサ》
    33 LANCE FOR A LAD 童槍 《ガマ》
      KING’S SPEAR 王之槍 《ツルボラン》
      BUGLE 喇叭 《キランソウ》
    34 LADIES MANTLE 淑女之肩掛 《ハゴロモグサ》
    35 KNIGHT’S SPUR 騎士之拍車 《ルリヒエンソウ》
      LADIES BOWER 淑女之私室 《センニンソウ》
      LADIES SLIPPER 淑女之履物 《アツモリソウ》
    36 CLOWN’S WORT 道化草 《チョロギ》
    37 TOAD-FLAX 蛙亜麻 《セイヨウウンラン》
      BUTTER-AND-EGGS 牛酪色卵色 《ホソバウンラン》
    38 LADIES’ CUSHION 淑女之座布 《ハマカンザシ》
      THRIFT 千葉 《アルメリア》
    38 RAGWORT 襤褸草 《ボロギク》
    39 QUEEN OF THE MEADS 草原女王 《セイヨウナツユキソウ》
      MEADOWSWEET 甘美草地 《シモツケソウ》
    40 TURK’S HEAD 土耳古人頭 《マルタゴン》
    41 BETHLEHEM’ STAR 八芒星 《オオアマナ》
    42 ST. JOHN’S-WORT 聖約翰草 《オトギリソウ》
    43 –
    44 LOVE-IN-A-MIST 霧中之愛 《クロタネソウ》
    45 TRAVELLER’S JOY 旅人之悦 《ボタンヅル》
    46 SOPS-IN-WINE 葡萄酒漬 《クンイソウ》

    Comment by POKEPEEK2011 — 2019年1月6日 @ 7:52 PM
  3. コメント2で英名・漢名・和名をリストにしたので、それぞれがどんな花かを調べてみたのだが、これは一筋縄では行かなかった。調べ尽くすには至らないので、いくつかのグループに分けてメモしておきます。

    ■まず、上記リストでの誤字を修正しなくてはならない花
    25-1 HORSE-TAIL 馬尾 《ナズナ》 ×
    25-1 HORSE-TAIL 馬尾 《スギナ》 ○
    29-1 JENNY-CREEPER 葡萄娘× 《コバンナスビ》×
    29-1 JENNY-CREEPER 匍匐娘○ 《コバンコナスビ》○

    ■同定を変えた方が良いと思われる花
    14-3 RAGGED-ROBIN 襤褸男 《センノウ》△
    14-3 RAGGED-ROBIN 襤褸男 《カッコウセンノウ》○

    19-2 MAIDENHAIR 乙女之髪△ 《クジャクシダ》△
    19-2 MAIDENHAIR 乙女之毛○ 《ホウライシダ》○

    26-2 BISHOP’S-WEED 司祭草 《イワミツバ》△
    26-2 BISHOP’S-WEED 司祭草 《ドクゼリモドキ》○

    45 TRAVELLER’S JOY 旅人之悦 《ボタンヅル》△
    45 TRAVELLER’S JOY 旅人之悦 《クレマチス・ウィタルバ》○

    ■和名を変更したほうが良いかもしれない花
    21-1 LONDON PRIDE 都之華 《ヒカゲユキノシタ》
    21-1 LONDON PRIDE 都之華 《ハルサメソウ》【流通名かつ華やかさがあるので】

    19-4 BELLA-DONNA 美女 《オオカミナスビ》
    19-4 BELLA-DONNA 美女 《ベラドンナ》【流通名かつ華やかさがあるので】

    ■同定が難しい花
    11 VENUS’S LOOKING GLASS 美神之鏡 《ヒメキキョウソウ》
    15-2 LARKSPUR 飛燕 《ヒエンソウ》
    15-2 LARKSPUR 雲雀蹴爪 《チドリソウ》別案
    15-3  SPEEDWELL 早駆 《クワガタソウ》
    38-3 RAGWORT 襤褸草 《ボロギク》
    46 SOPS-IN-WINE 葡萄酒漬 《クンイソウ》

    ■英語名・漢名に解けない由来がある(ありそうな)花
    12 PRETTY MAIDS 麗乙女群 《チドリソウ》
    24 Daisies 軟弱者 《ヒナギク》
    30-4 DUTCH DAHLIAS 和蘭博士花 《テンジクボタン》
    38-2 THRIFT 千葉 《アルメリア》

    Comment by POKEPEEK2011 — 2019年2月14日 @ 11:17 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2019 aozorablog | powered by WordPress with Barecity