青空文庫’18/07月-’18/08月の月間アクセス増率分析
198

カテゴリー:,電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2018年9月10日 |

’18/08月のアクセス増率ランキングに入ったXHTML版とテキスト版の15作品のうち、共にランクインしている作品は2つ。田中貢太郎「ある神主の話」、サン=テグジュペリ著/大久保ゆう訳「あのときの王子くん」。

田中貢太郎「ある神主の話」はツイッターで「めちゃくちゃ良いBL」ということで話題になっていたようだ。サン=テグジュペリ「あのときの王子くん」は、銀座のソニーパークでの「星の王子さま」とコラボしたバオバオの木の苗の販売が炎上したことが影響しているのであろうか。劇や朗読のイベントなどもたくさんあったようだが。

(more…)


青空文庫’18/06月-’18/07月の月間アクセス増率分析
197

カテゴリー:,電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2018年8月7日 |

’18/01から’18/06までのアクセスランキングが定例日(毎月5日)に公開されなかったので、このアクセス増率分析も休みになっていたのだが、’18/07のアクセスランキングは定例日に公開されたので、久しぶりにアクセス増率分析も公開できることとなった。

’18/07月のアクセス増率ランキングに入ったXHTML版とテキスト版の15作品のうち、共にランクインしている作品は6つ。堀辰雄「燃ゆる頬」、有島武郎「一房の葡萄」、同「生まれいずる悩み」、太宰治「グッド・バイ」、同「駈込み訴え」、同「散華」。

堀辰雄「燃ゆる頬」は、平成30年7月2日(月)に國學院大學 近代日本文学研究会が堀辰雄「燃ゆる頬」の研究発表をしたこと、「図書館で読めるBL臭のする一般小説240選 – NAVER まとめ」に堀辰雄「燃ゆる頬」も挙げられていることに要因があるのだろうか。

(more…)


青空文庫2017年度新規公開作品の一日当りアクセス数ランキング
196

カテゴリー:,電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2018年1月25日 |

2017年度新規公開作品で500位ランキングに入ったのはXHTML版で8作品、テキスト版で39作品。2017年度の新規公開作品数は554だから、500位までのランクイン率はXHTML版1.4%、テキスト版7.0%である。これが、例年に比べて多いのか少ないのかと、必要なデータが保存してあった2011年からの推移を調べてみると、次のようなグラフになった。

2013年と2016年に新規公開作品のランクイン数が突出して多いことが分かり、2017年ではXHTML版の1.4は平均(2.1)よりやや少なく、テキスト版の7.0は平均(5.2)よりやや多いことが分かる。ちなみに、2013年は吉川英治作品が、2016年は江戸川乱歩作品、谷崎潤一郎作品がパブリック・ドメインになった年である。

(more…)


青空文庫 2016年-2017年の年間アクセス増率分析
195

カテゴリー:,電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2018年1月22日 |

2016年-2017年のXHTML版とテキスト版のアクセス増率ランキングで15位までに共にランクインしている作品は、太宰治「織田君の死」、坂口安吾「不良少年とキリスト」、三木清「人生論ノート」の3作品。この3作品の2016年と2017年の月別のアクセス数をXHTML版とテキスト版別に追ってみると、次のようになる。
<XHTML版>
XHTML版では太宰治「織田君の死」がアクセスランキングに登場するようになったのは2016年11月からで、2017年は毎月ランクインしている。坂口安吾「不良少年とキリスト」は2016年11月からアクセスが増加している。三木清「人生論ノート」は2017年03月からアクセスが増加し、05月にはNHK-TVの「100分で名著」と取り上げられたことから急上昇した。

<テキスト版>
テキスト版では太宰治「織田君の死」がアクセスランキングに登場するようになったのは2016年10月からで、2017年は毎月ランクインしている。坂口安吾「不良少年とキリスト」は2016年11月からアクセスランキングに登場し、2017年1月にピークを示した。三木清「人生論ノート」は2017年01月からアクセスが増加し、05月にはやはり急上昇している。

■青空文庫 2016 – 2017年度 XHTML版 アクセス増率ランキング
2016年-2017年のアクセス増率ではXHTML版のトップは桐生悠々「関東防空大演習を嗤う」(アクセス増率:3.16)、2位夢野久作「ビール会社征伐」(2.95)、3位三木清「人生論ノート」(2.78)

青空文庫 2016 – 2017 XHTML版 アクセス増率ランキング
No  作品名 副題   著者名   公開日   B:2016   A:2017   (A-B)/B    B RANK   A RANK 
1 関東防空大演習を嗤う 桐生 悠々 2004-08-09  3204   13324   3.16   501   107 
2 ビール会社征伐 夢野 久作 2007-08-23  3204   12650   2.95   501   121 
3 人生論ノート 三木 清 2008-02-18  5324   20118   2.78   270   60 
4 よだかの星 宮沢 賢治 1998-08-20  10148   37058   2.65   149   27 
5 手巾 芥川 竜之介 1998-09-14  4198   9987   1.38   370   155 
6 芥川の事ども 菊池 寛 2001-01-18  3204   7082   1.21   501   229 
7 新生 島崎 藤村 2000-03-23  3204   6938   1.17   501   239 
8 不良少年とキリスト 坂口 安吾 2006-12-26  5777   11932   1.07   257   127 
9 やまなし 宮沢 賢治 1998-10-26  6570   12994   0.98   230   117 
10 織田君の死 太宰 治 2004-07-08  3204   6231   0.94   501   258 
11 毒もみのすきな署長さん 宮沢 賢治 1998-10-17  3204   5870   0.83   501   280 
12 太宰治情死考 坂口 安吾 2008-06-19  3204   5692   0.78   501   290 
13 好色 芥川 竜之介 1999-01-19  3204   5565   0.74   501   294 
14 竹取物語 和田 万吉 2011-05-08  3204   5527   0.73   501   298 
15 忠直卿行状記 菊池 寛 1999-11-04  3204   5500   0.72   501   300 
2016ランク外の作品は2016のアクセス数を500位のアクセス数-1として計算。

■青空文庫 2016年-2017年度 テキスト版 アクセス増率ランキング
テキスト版のアクセス率増加では、1位三木清「人生論ノート」(アクセス増率:1.63)、2位太宰治「葉桜と魔笛」(0.61)、3位太宰治「織田君の死」(0.55)。

青空文庫 2016 – 2017テキスト版 アクセス増率ランキング
No  作品名 副題   著者名   公開日   B:2016   A:2016   (A-B)/B    B RANK   A RANK 
1 人生論ノート 三木 清 2008-02-18  2828   7433   1.63   323   77 
2 葉桜と魔笛 太宰 治 2004-05-10  2250   3626   0.61   447   218 
3 織田君の死 太宰 治 2004-07-08  2077   3215   0.55   501   251 
4 不良少年とキリスト 坂口 安吾 2006-12-26  2077   3123   0.50   501   264 
5 山羊の歌 中原 中也 1998-11-29  5934   7923   0.34   124   64 
6 夫婦善哉 織田 作之助 2000-12-01  3319   4390   0.32   276   168 
7 太宰 治 1999-10-07  2077   2654   0.28   501   338 
8 歯車 芥川 竜之介 1998-04-27  2077   2647   0.27   501   341 
9 駈込み訴え 太宰 治 1999-02-24  5508   7009   0.27   133   83 
10 夜長姫と耳男 坂口 安吾 2006-03-26  2321   2899   0.25   424   294 
11 駅伝馬車 アーヴィング 2013-09-20  2621   3238   0.24   363   249 
12 銀河鉄道の夜 宮沢 賢治 1997-10-29  31714   39060   0.23   9   4 
13 あらくれ 徳田 秋声 2000-06-23  2077   2557   0.23   501   361 
14 在りし日の歌
亡き児文也の霊に捧ぐ
中原 中也 1999-02-17  4386   5281   0.20   200   125 
15 少女病 田山 花袋 2000-09-28  2666   3153   0.18   356   259 
2016ランク外の作品は2016のアクセス数を500位のアクセス数-1として計算。

■アクセス数合計の推移年別推移_2.H5
【青空文庫アクセスランキング500位までの2017年合計値】XHTML版6,732,725(対前年比103%)、テキスト版2,522,727(対前年比86%)。

直近7ヶ年アクセス数合計推移
2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017
XHTML版 4,453,633 5,315,515 5,544,716 5,793,754 6,013,304 6,547,686 6,732,725
対前年比(%) 122.7 119.4 104.3 104.5 103.8 108.9 102.8
テキスト版 3,406,976 4,372,411 4,547,274 3,066,418 2,813,471 2,920,077 2,522,727
対前年比(%) 119.7 128.3 104.0 67.4 91.8 103.8 86.4

青空文庫’17/11月-’17/12月の月間アクセス増率分析
194

カテゴリー:,電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2018年1月12日 |

’17/12月のアクセス増率ランキングに入ったXHTML版とテキスト版の15作品のうち、共にランクインしている作品は4つ。島崎藤村「新生」、久米正雄「受験生の手記」、ラヴクラフト「ニャルラトホテプ」、谷崎潤一郎「秘密」。このなかでの注目作品は久米正雄「受験生の手記」、もっと読まれて良い作品だと思っていたが、ようやく読者が増えてきたようだ。

(more…)


小人のくつ屋さん(グリム兄弟・編/大久保ゆう・訳)
193

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2017年12月24日 |

小人のくつ屋さん(グリム兄弟・編)

“Die Wichtelmänner: Erstes Märchen” by Grimm Brothers

(more…)


青空文庫’17/10月-’17/11月の月間アクセス増率分析
192

カテゴリー:,電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2017年12月8日 |

’17/11月のアクセス増率ランキングに入ったXHTML版とテキスト版の15作品のうち、共にランクインしている作品は3つ。芥川竜之介「手巾」、ディケンズ「クリスマス・カロル」、夢野久作「ビール会社征伐」。

夢野久作の「ビール会社征伐」は初めて知った作品。共にランクインしているとはいえ、XHTML版でランク5位11615アクセス、テキスト版で361位229アクセスと大きな差がある。ネットで検索しても、映画・テレビでの放映その他のきっかけは見つけることができなかった。何があったのだろう。

芥川竜之介「手巾」は「相棒 session 16」の第5話に出てきたというのが要因だろう。

(more…)


井沢衣水をさがせ
191

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:おかもと | 投稿日:2017年11月15日 |

経緯

10月15日、青空文庫のオフ会に参加してきた。その時、「せっかく校了になったのに、諸般の事情で公開できない作品」の話が出た。
そのうち、一番古いのは2002年に校了になった作品で、その作品が公開できなかった理由は、著者の没年が不明だったため、とのこと。それで、以前、青空文庫の掲示板「こもれび」で調査が行われた――と、ここまで聞いて、そういやその調査に自分も関わっていたっけ、と思い出した。
(more…)


青空文庫’17/09月-’17/10月の月間アクセス増率分析
190

カテゴリー:,電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2017年11月8日 |

10/15日に開催された青空文庫オフ会に出席した際、このアクセス増分析について中止も考えていると述べたのだが、参考にしている人もいるということなので、もう少し続けることにした。

’17/10月のアクセス増率ランキングに入ったXHTML版とテキスト版の15作品のうち、共にランクインしている作品はなかった。

(more…)


青空文庫’17/08月-’17/09月の月間アクセス増率分析
189

カテゴリー:,電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2017年10月6日 |

’17/09月のアクセス増率ランキングに入ったXHTML版とテキスト版の15作品のうち、共にランクインしているのは、魯迅 「故郷」ただ1冊だった。twitterで検索してみると、魯迅と夏目漱石の対話フォーラムが9月11日、魯迅の故郷である浙江省紹興市で開催されたという記事があったので、これがアクセス増の原因と推測される。

(more…)


次ページへ »
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2018 aozorablog | powered by WordPress with Barecity