ビフォア・ミッドナイト
110

カテゴリー:映画 | 投稿者:uematsu | 投稿日:2014年5月9日 |

リチャード・リンクレイター監督の『ビフォアシリーズ』が18年の歳月を経て完結した。1995年の『ビフォア・サンライズ』からスタートしたシリーズは、イーサン・ホークとジュリー・デルピーが主演する恋愛映画だ。映画の沈黙は美徳だと思うけれど、この映画はずっと主人公二人が話し続ける。第一作はウィーンに向かう二人が出会い、夜明けに別れるまでずっと話している。第二作目は9年ぶりに再会した二人が、イーサン・ホークが飛行機に乗る夕方までの時間をずっと話している。そして、完結編と言われている第三作目では、一緒に暮らしている半ば倦怠期を迎えた二人が夜中まで、これまたずっと話している。

この映画は第一作が作られてから、ほぼ9年おきに、劇中でも同じだけの時間が経過したという設定で作られていて、見る側は「9年前の、ほら、あの二人はどうなったんだろう」というまるで知り合いのカップルのその後に立ち会っているかのような、そんな気分になれて、なんだか楽しい。久しぶりに会うあの二人はいまどうしているんだろう、と見守っているのに、すぐにケンカを始めてしまう様子を見ながら「9年前と変わらないじゃないか」とクスクス笑ってしまう。

第二作目の『ビフォア・サンセット』を見た時に、この続きを見たいと思ったのだが、本当に9年後に公開されるとは思っていなかった。飯田橋のギンレイホールで公開されたので、いそいそと見に行く。アクションシーンなんてまったくない。大きな事件が起こるわけでもない。ただただ、イーサン・ホークとジュリー・デルピーが話して、ケンカして、笑って、また話している。ただそれだけの映画。ただそれだけの映画が本当に面白い。

この映画を見ると、否応なしに時間の流れを思い知らされる。嫌らしいまでに脂ぎっていたイーサン・ホークが枯れてしょぼくれた中年のオッサンになっている。『どうせアメリカ人はパリジェンヌと寝るのがステイタスだとか思ってるんじゃないの』なんて言っていたジュリー・デルピーも、下っ腹がちょっと出て、見事に中年体型になっていて切なくなる。でも、そこがこの映画の面白いところ。その辺りをちゃんと理解していて、ジュリー・デルピーは服を脱いで、垂れはじめたおっぱいを見せるだけじゃなくて、おっぱいを揺らしながら口喧嘩を続行するという潔さのいい演技をしてくれる。

時間が経ったんだ。引き返すことなんて出来ないんだ、ということを場面毎に迫られている。そんな気持ちにもなってくる。

ギンレイホールの前のほうの隅っこの席に身を沈めて第三作目の『ビフォア・ミッドナイト』を見ながら、ふいにそんなことを思ってしまったのだった。約20年という年月をかけて作られてきたシリーズ映画から、継続する時間の重みと、それが断ち切られたらどうなるのか、という哀しみのようなものを同時に受け取っていたような、そんな気がする。

http://beforemidnight-jp.com/main.html


青空文庫’14/03月-’14/04月の月間アクセス増率分析
109

カテゴリー:未分類 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2014年5月6日 |

新規公開作品の中では、野村胡堂、吉川英治の新規公開作品は軒並みランクインしていることは、いつもの通りだが、今月ラヴクラフト「ニャルラトホテプ」がXHTML版で1位(200超アクセス235.56)、テキスト版で2位(200超アクセス54.74)であることが注目される。やはり、注目されている作品は、大きなアクセス数を得ることができるのdさ。

既存作品のアクセス増率ランキングは、XHTML版とテキスト版とでまるで様子が異なる。XHTML版にランクインしている作品は、なにが要因でアクセス数が増加しているのか、私には分からない。芥川竜之介「軍艦金剛航海記」は、艦コレが要因らしい。
テキスト版では1位がグリム「白雪姫」で、ほかにグリム作品が6作品もランクインしている。ディズニー映画「アナと雪の女王」の大ヒットの影響で、アンデルセン童話だけでなく、グリム童話のアクセス数が増えているのであろう。

(more…)


青空文庫’14/02月-’14/03月の月間アクセス増率分析
108

カテゴリー:未分類 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2014年4月9日 |

新規公開作品の中では、XHTML版で3月31日公開の西田幾多郎「読書」が1日当たりアクセス数(200超過分アクセス数/日)で44.00とずば抜けて高いわけではないが1位。指標の数値ではなく、公開1日だけでランキングに入ったことがちょっとした驚き。中島敦の新規公開作品も人気が高いことが分かる。野村胡堂、吉川英治の新規公開作品は軒並みランクインしており、今月は新規公開作品のランクイン率が高かった。XHTML版では吉川英治が、テキスト版では野村胡堂がより上位を占めているのが、XHTML版とテキスト版の違いである。が、例のごとく、その理由は私には不明である。

既存作品の中では、アンデルセン「雪の女王 七つのお話でできているおとぎ物語」がディズニーのドラマティック・ミュージカル映画「アナと雪の女王」の公開(3月14日)により、アクセス増率ランキング上位に入った(XHTML版アクセス増率2.97、4位、テキスト版1.13、2位)。ディズニーのアニメ映画の連関でグリム「ラプンツェル」も「雪の女王 七つのお話でできているおとぎ物語」の上下に位置する(XHTML版アクセス増率3.57、3位、テキスト版0.64、3位)。XHTML版、テキスト版のこの入れ違いも興味深い。

XHTML版のアクセス増率1位は19.68の久生十蘭「春雪」、テキスト版のアクセス増率1位は1.32の野村胡堂「銭形平次捕物控 082 お局お六」。「銭形平次捕物控 082 お局お六」は2月末日の28日公開で2月はランク外で計算上前月アクセスが202となっている作品、月後半に新規公開された作品によくあるパターンである。一方、久生十蘭「春雪」は、アクセス増率もかなりの高率である。

(more…)


青空文庫’14/01月-’14/02月の月間アクセス増率分析
107

カテゴリー:電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2014年3月11日 |

新規公開作品の中では、XHTML版でもテキスト版でも野村胡堂の銭形平次捕物控シリーズが1日あたりアクセス数ランキングの上位を占めるが、テキスト版の方が集中度が高い。そのほか、強いて特徴を探すとすれば、XHTML版では泉鏡花「活人形」がトップだったり、正宗白鳥「吉日」、宮本百合子「日記 07 一九二一年《大正十年》」がランクインしていること、テキスト版では小川未明作品が4つランクインしていることであろうか。

既存作品の中では、XHTML版アクセス増率ランキングでは6位であるが、ランキング1位であった「走れメロス」(アクセス増は14301)が、印象深い。これは愛知教育大附属岡崎中学の2年生村田一真君の実に興味深いレポートが、話題を呼んだためと思われる。このレポートについては、例えば❝ねとらぼ❞の–「走れメロス」は走っていなかった!? 中学生が「メロスの全力を検証」した結果が見事に徒歩– http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1402/06/news071.html で解説されている。……検証した村田少年「メロスはまったく全力で走っていないことが分かった」。

(more…)


青空文庫の蔵書構成
106

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:おかもと | 投稿日:2014年2月28日 |

はじめに

青空文庫、インターネット上の電子図書館。2014年2月22日の時点で、12,400点の作品を公開している。
こんなにたくさん作品があると、中にどんなものがあるか、よくわからないだろう。また、よその図書館と比べて多いのか少ないのか、そのあたりもよくわからない。
そこで、青空文庫の蔵書構成がどうなっているか、数値を元に、よその図書館と比較しながらみていくことにしよう。

(more…)


青空文庫’13/12月-’14/01月の月間アクセス増率分析
105

カテゴリー:電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2014年2月10日 |

今年からパブリック・ドメインに仲間になった作家では、野村胡堂が一番人気があるが、昨年の吉川英治と比べると、アクセス数は10分の1ぐらい。それもあってか、テキスト版のアクセスは前年同月比36%とかなりの減少だ。1月には今年パブリック・ドメインになった著作家の作品中の重要作品が公開されるのであろうから、今年は全体的に同様の傾向が続くかもしれない。

既存作品の中では、センター試験の国語の問題に取り上げられた岡本かの子「快走」が、昨年の牧野信一「地球儀」に続いて、XHTML版で1位であった(19078アクセス)。テキスト版では747アクセス、99位なので、話題になったにしても、青空文庫リーダーでダウンロードして読もうとするほどのインパクトはなかったのであろうか。

(more…)


青空文庫 2012年-2013年の年間アクセス増分析
104

カテゴリー:未分類 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2014年1月10日 |

XHTML版とテキスト版では、アクセスされる作品がかなり異なるということは、これまでも何回も書いているけれども、2012年-2013年のアクセス増率でも同じである。
その中で、堀辰雄「風立ちぬ」「菜穂子」、織田 作之助「夫婦善哉」が共通してランクインしているのは、映画・テレビの影響である。テキスト版の「レ・ミゼラブル」も同じく映画の影響だが、こうした長編はXHTML版ではちょっと読みづらいのであろう。
(more…)


青空文庫 2013年度新規公開作品の一日あたりアクセス数ランキング
103

カテゴリー:電子書籍,青空文庫 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2014年1月8日 |

2012年-2013年の年間アクセス増分析を行うにあたって、今回はまず2013年新規公開作品のXHTML版・テキスト版の一日あたりのアクセス数のランキングを紹介する。

2013年度新規公開作品で500位ランキングに入ったのはXHTML版で31作品、テキスト版で56作品と、2011年度、2012年度と比べて圧倒的に多い(2011年度:XHTML版8作品、テキスト版9作品、2011年度:XHTML版10作品、テキスト版10作品)。2013年度の新規公開作品数は646であったから、500位までのランクイン率はXHTML版4.8%、テキスト版8.7%となり、こちらの割合は2011年度、2012年度と比べてもはるかに高い(2011年度:1137作品公開、ランクイン率XHTML版0.7%、テキスト版0.8%、2012年度:730作品公開、ランクイン率XHTML版1.4%、テキスト版1.4%)

ランキング表を見ていただければ一目で分かるが、これは吉川英治作品の人気が高かったことによる。ランキングから言えば、2013年は吉川英治イヤーと言える。
(more…)


青空文庫’13/11月-’13/12月の月間アクセス増率分析
102

カテゴリー:未分類 | 投稿者:POKEPEEK2011 | 投稿日:2014年1月6日 |

12月のアクセス増は特に特徴がないように思える。しいてあげればXHTML版に季節ものと言える作品がランクインしていることであろうか。なかでも11月ランク外の太宰治「十二月八日」がXHTML版アクセス増率ランキング1位になったのは注目に値する。2010年以降、「十二月八日」が500位内に入っているのは、’10/08(222)、’10/12(293)、’11/12(2515)、’12/08(231)、’12/12(282)、’13/08(284)、’13/12(2612)である。2012年と2011年、2013年とでは、違う政治状況・世界情勢であることを示しているのかもしれない。

(more…)


クリスマスの夜の話
101

カテゴリー:未分類 | 投稿者:ten | 投稿日:2013年12月24日 |

 今朝ネットニュースを読んでいたら、面白い記事に当たった。「天使に翼はない カトリック天使学者の話 」

ラバトーリ神父は天使の「再流行」のためには一般的に広まった天使のイメージは必要だったと認めるものの、クリスマスシーズンに天使のイメージがちまたにあふれかえることには否定的だ。「ある程度は容認できるとしても、あれは真の天使の姿ではないことを知っておくべきだ。天使は翼をもっていないし子どもでもない」

(more…)


« 前ページへ次ページへ »
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2016 aozorablog | powered by WordPress with Barecity