電子化できなかったものギャラリー
13

カテゴリー:,青空文庫 | 投稿者:OKUBO Yu | 投稿日:2012年4月3日 |

どうもこんにちは。実はわたくし、様々な事情がございましてしばらく青空文庫の作業が手に着けられなくなってしまうことになり、ただいま担当分を整理中(結局GWまでかかりそう)なのですが、振り返ってみるにやろうとしてできなかった底本がたくさんありますので、ちょっくらこれを機会にどういうものがあったのか、ギャラリーにてお見せしようかなと思った次第。(ただこの機能が使いたかっただけともいう)

だからどうだというわけでもないのですが、こういったものが青空文庫に入れようと思えば入れられたかもしれない、ということで。それぞれの写真をクリックすると、それぞれの解説ページへと飛びます。訳者名とかエピソードとかは現物を再確認せずにうろ覚えで書いてるのであんまり当てにはしないでください。


3 Comments »

  1. ただいま、私は青空文庫を休職中です。^_^;

    そろそろ復職したいと思ってはいますが、いろいろとファイルの記述ルールも変ったようで対応できるか、どっきどきの状態です。

    うちにもダンボール数箱のやりかけ(底本の調査中、作業未登録も含めて)の山があります。

    まあ、のんびりやりましょう。

    Comment by おおの — 2012年4月5日 @ 12:35 PM
  2. そうなんです、私も久しぶりに触ったので、記述ルールが頭のなかで混乱してしまいまして。ファイル点検レベルでのうっかりミスだらけ(苦笑)。

    とりあえず電子テクスト研のものが整理できたら、アドバイス通り、残った時代物などを気長にやっていこうかなと思います。直木三十五「黄門廻国記」、底本持ってますので入力終わったら(のんびりですが)校正しますよ。

    Comment by OKUBO Yu — 2012年4月5日 @ 1:16 PM
  3. おっと、黄門廻国記とは盲点だった! ^_^;

    物語倶楽部の登録とか、いろいろと残っているのでいつになるのやら。

    たぶん、フィルポッツとクイーンの登録の方が優先になるかと。(10年条項の抜け道対応)
    で、そのうち妹尾の保護期間切れでクリスティの初期の作品も著作権切れになるんですよね。ううう。

    海野十三の帆村ものを数編追加して欲しいとか、新美南吉の未収録童話対応とか、やって欲しがられてるリストも伸びてます。

    のんびり、と自分に言い聞かせつつ、、、

    Comment by おおの — 2012年4月5日 @ 6:30 PM

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2022 aozorablog | powered by WordPress with Barecity